スタジオジブリとは

スタジオジブリは今や誰でも知っているアニメ制作会社で、大人から子どもまで多くのファンを魅了するアニメ作品をたくさん作っています。スタジオジブリの創立は1985年のことですが、当時としては斬新な経営手法を取り入れたアニメーション会社として注目されました。

それまでのアニメ作品は毎週30分のTVアニメが主体でしたが、スタジオジブリでは劇場用の長編アニメーションを専門につくるという経営方針が採られていました。また作品もオリジナルのものが多く、1年から数年に1本の作品を作成して映画館で公開するという方針をとってきました。

スタジオジブリの中心的な存在である宮崎駿や高畑勲はアニメーター出身ということもあって、それまでのアニメーターの働き方を改め、スタジオジブリのアニメーターは給料を固定給にするなどの改革を行なって、アニメーターの人材育成をはかりました。その結果として、最近の作品のいくつかは宮崎駿以外の人物が監督するようにもなってきています。

スタジオジブリの作品は創立当初からかなりの成功を収めてきたといっても良いでしょう。初期の作品である「天空の城ラピュタ」や「となりのトトロ」「魔女の宅急便」といった作品はジブリというブランドが確立してからつくられた「千と千尋の神隠し」や「もののけ姫」などの作品と比べると興行収入的には劣りますが、つくられてから長い時間に渡ってDVDやブルーレイなどが売れ続けていてます。中には母親が子供の頃に見た「となりのトトロ」をお子さんと一緒に楽しんでいるという家庭もあるでしょう。

スタジオジブリは国内だけでなく海外でも一定の評価を得ています。「千と千尋の神隠し」がベルリン映画祭で金熊賞を受賞したり、アカデミー賞のアニメーション部門を受賞したりしています。現在では日本のアニメは海外で大会評価を得ていますが、その評価を高めた最大の要因はスタジオジブリの存在ではないでしょうか。

ジブリ作品の特徴の一つに、俳優の声優への起用があります。アニメというとアニメ専門の声優がキャラクターの声を担当するのが一般的ですが、スタジオジブリの作品ではジャニーズのアイドルが起用されたり、大御所俳優が起用されることが多くなっています。これは宮崎駿が現在の声優の声質に疑問を感じていることが理由とされています。

スタジオジブリというと、ジブリ美術館の事業をスタートさせたことでも注目されました。2007年にスタートしたジブリ美術館は開館当初はチケットがなかなか入手できないほどの盛況ぶりで、スタジオジブリのアニメ作品が多く人に受けられていることを改めて認識させることになりました。いまでも新作が公開される時期になるとかなりの人出で賑わっています。

盛況している場所と言えば、競馬場もかなり賑わっている場所と言えます。休日ともなればたくさんの人がレース観戦にやってきます。「競馬のことをもっと知りたい!」と思ったら競馬予想サイトを見てみましょう。競馬予想にはレースのことも詳しく載っていますし、魅力的なコンテンツが満載です。競馬の事を知らない初心者でも分かりやすいサイトなので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。